backtotop

不妊は多くのことに起因していて、色々なものが複合的に関わっているため、治療が難しいです。女性ホルモンのバランスが崩れたり、乱れてしまうこともまた、妊娠しにくい身体になってしまうことの原因の一つになっています。

女性の身体というのは、思春期頃から母親になるために必要な機能を高めるように成長していきます。女性ホルモンも、身体の機能を変化させていく大きな役割を担っているのです。

ホルモンの種類は約40種ほどありますが、その中でも女性ホルモンといわれているのが卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類です。この2種類の女性ホルモンは、月経周期に合わせて減ったり増えたりすることを繰り返してバランスを取っていて、それが妊娠する身体作りの仕組みとなっています。

このリズムが乱れてしまうことで、生理不順などになってしまいます。

生理不順やPMS(月経前症候群)は多くの女性を悩ませている症状ですが、現在はサプリメントや薬などで改善する方法がたくさんあります。

【参考】→チェストツリーサプリランキング.com|PMS改善の救世主!

ホルモンのバランスが崩れてしまう原因は、冷えやストレス、それからダイエットなどによる栄養不足が代表的です。卵子を作る機能が低下してしまったり、精子が着床しにくくなってしまうので、結果的にとして不妊に繋がってしまいます。

女性ホルモンのバランスが崩れることで、妊娠しにくい状態へと身体が変化してしまうのです。

妊娠のための身体作りの基本となるのは、バランスのとれた食事です。特に葉酸やカルシウム、それに鉄分は、赤ちゃんを迎えるために積極的に摂りたい栄養素です。

葉酸はたんぱく質や遺伝子生成には欠かせない栄養で、赤ちゃんに正常な発育を促すために大切なビタミンの一つです 。葉酸が不足してしまうと、お腹の中の赤ちゃんの中枢神経や脳に障害が起こりやすくなり、発育も充分でなくってしまいます。そして流産のリスクが高まってしまうのです。

妊娠を望んでいる女性が、前もって多めに摂るのが望ましい栄養素です。

カルシウムは、歯と骨の元になります。胎児の発育にも当然使われますし、不足すると母体から補おうとするので、母親がカルシウム不足に陥ってしまいます。

こちらも妊娠した際に備えて、積極的に摂取して蓄えておきたい栄養素です。

これらに加えて鉄分や亜鉛などは、赤ちゃんを迎える身体の準備をして、また、卵子を若返らせるアンチエイジング効果にも期待ができます。

一番大切なのは、日頃から栄養バランスのいい、質の高い食事を摂ることです。健康な身体は妊娠をしやすくなります。

Categories: 紫外線に勝つ

紫外線は、どんどんエイジングを加速させてしまいます。せっかくアンチエイジングのために頑張っていても、紫外線対策をおろそかにすると、せっかくのケアも台無しです。

紫外線がこわいのは、お肌に蓄積されていき、ゆくゆくはシミとなって現れてきてしまうことです。今日浴びた紫外線が明日シミになることはありませんが、毎日の油断の積み重ねで、確実にシミが作られていきます。

お肌に影響する紫外線には2種類あり、A波をお肌に浴びると、お肌の奥まで到達し、じわじわと老化を加速させてしまいます。コラーゲンを裁断してしまうなど、シミだけではなくシワの原因ともなってしまいます。

一方で紫外線B波は、それほど波長が長くはありませんが、メラノサイトを刺激します。そうするとメラニンがつくられ、シミやソバカスの原因になります。

シミやソバカスはもちろん、お肌の弾力まで奪ってしまっている原因が紫外線です。室内でもガラスを通り抜けますから、油断しないようにしましょう。

紫外線は、毎日降り注いでいます。雨の日も、くもりの日も、晴れの日同様紫外線対策は欠かさないのが理想的です。たとえばちょっと愛犬のお散歩にいったり、洗濯物を干したりするときも、紫外線は容赦なくお肌にダメージを与え続けます。

紫外線対策というと、日焼け止めを塗るのがもっとも一般的でしょう。日常生活での紫外線カットなら、SPF25もあれば十分だといわれています。最近では、乳液のように気軽に使える使いごこちの軽い日焼け止めも販売されていますから、日焼け止めを塗るのが苦手な方でも使いやすくなっています。

それでも日焼け止めを塗るのが息苦しく感じてしまうときには、帽子や日傘などでも紫外線をカットすることができます。そのときに、なるべく紫外線カット数が明記されている商品をえらぶと確実です。表記がない場合には、白よりも黒い色の商品を選ぶようにしましょう。

また、カラダの中からのケアとして、ビタミンCをたくさん摂取することも効果的です。

保湿フェイスマスクは、もともと顔の形にカットされているシートに保湿効果のある化粧水などがたっぷりとしみこませてあり、あとはお顔にのせるだけ、という便利なスキンケアコスメです。

フェイス用のマスクは、それのみでの販売もありますが、いちいち手持ちの化粧水をしみこませなくてはなりません。

手間もかかりますし、意外と1つのシートをヒタヒタにするのにかなりの化粧水を必要とすることから、コスパもあまり良いとは言えないでしょう。

その点、保湿フェイスマスクであればもともとマスクがヒタヒタの状態に完成されているうえ、最近では何十枚という単位でお徳用の保湿フェイスマスクも登場してきていますから、とても経済的にお顔の保湿をすることができます。

もちろん、1枚入りのパックも売られていますから、お気に入りの保湿フェイスマスクがみつかるまでは、たくさんの種類を購入して使い比べをしても良いでしょう。冷蔵庫で冷やしておいて、お風呂上りなどに使用するととても気持ちがいいものです。

夜寝る前はかなり疲れているので、一刻も早くベッドに入って寝てしまいたいというひとも多いかもしれませんが、このタイミングこそ、保湿フェイスマスクを使うのにもっとも効果的な時間だといえます。

寝る前にスキンケアを重点的に行うのはたしかに面倒くさいかもしれませんが、保湿フェイスマスクならこれ1枚でもかなりの手厚いスキンケアをしたことと同じになります。

夜寝ている間の、とくに22時から2時までは、お肌にとってのゴールデンタイムともいわれています。しっかり保湿をされた状態で休むと、お肌のターンオーバーも活発に行われるようになるので、古い角質をどんどん排出し、あたらしい皮膚への生まれ変わりを助けてくれます。

しかし、このターンオーバーも、お肌が乾燥している状態では効果的に行われません。そうすると、古い角質はどんどんお肌に蓄積されていき、くすみの原因になったり、ハリのないお肌になってしまいます。

なので夜こそ保湿フェイスマスクでうるおい補給が大切です。

Categories: 顔のむくみ

太るというと、体重ばかりが気になるかもしれませんが、カラダはそれほど太っていなくても、顔が太っていることもあります。フェイスリンパマッサージは、そんな顔太りを解消することができるマッサージです。

フェイスリンパマッサージで定期的に老廃物を流してあげることで、すっきりしたフェイスラインになることができます。

血中や細胞の老廃物はリンパ節に運ばれるため、老廃物を流すにはリンパの流れに沿って行うのが効果的です。また、そのままマッサージをすると、摩擦で顔の皮膚を傷めてしまいますから注意が必要です。なるべくマッサージクリームやオイルで滑りをよくして行うようにしましょう。

まず額を両手でプッシュしながら内側から外側に流してあげます。口の周りは、口角の横から鼻の下、アゴと、くの字を書くように流します。そしてフェイスラインも下から持ち上げるように手のひらで包むようにアゴから耳の下へ流しましょう。目の周りは、こめかみを軽くプッシュしつつ、外回りに流していくと良いです。

顔にはたくさんの表情筋があります。ですが、疲れがたまってくると、表情筋はやわらかさを失って、凝り固まってきてしまいます。そうすると、お肌にもうれしくない老廃物がどんどん顔に溜まっていってしまいます。

また、食生活を見直してみて、塩分の摂取量が多い人は、それがむくみの原因にもなります。塩分が多いと、血中の塩分濃度が高くなるために、それを薄めようとして水分を取り込んでしまいます。

塩分は水分をためこんでしまう性質がありますから、美容のためといってたくさんの水分を摂取しているひとでも、塩分によって単にむくみの原因になってしまっていることもあります。

その場合には、カリウムの摂取が必要です。キュウリなどの野菜を食べたり、利尿作用のあるお茶を飲むのも効果的です。

朝にやけに顔がむくむという人は、枕が低すぎることを疑ってみるのも良いです。寝ている間は重力によってカラダの水分が分散されるので、普段気にならないむくみが顔に来ることもあります。

Categories: シワを絶滅する

シワはなぜできるのでしょう。シワができる原因は、加齢により肌の弾力が低下したこと、加齢により肌が持つ水分保持力が低下し肌が乾燥したこと、気温や湿度が低い季節や気候で肌が乾燥したこと、紫外線の影響で真皮や表皮がダメージを受け肌の弾力が低下したこと、加齢により女性ホルモンが減りホルモンバランスが悪くなったことなどで、肌の乾燥、紫外線、加齢によりシワをできるということになります。

そして、シワができる原因によって、できてしまうシワの種類も違います。

乾燥が原因でできてしまうシワは、肌の表面がカサつくようになり、綿状やちりめん状のシワができます。乾燥が原因でできてしまったシワを放置していると、シワの数が増えるだけではなく、増えたシワがつながって、大きなシワになることがあります。

紫外線が原因でできてしまうシワは、真皮に影響が出ることが多く、コラーゲンを減らし、エラスチンを衰えさせてしまうため、大きなシワになりやすく、肌のたるみを引き起こすこともあります。

目じりやおでこ、眉間など、顔の表情によりできてしまうシワもあります。肌が若い場合であれば、表情を戻せばシワも消えていたはずですが、乾燥、紫外線、加齢などにより、そのシワが残るようになってしまいます。

シワ対策で有効なのは、保湿ケアと紫外線対策が中心となります。

乾燥が原因でできてしまうシワ対策としては、保湿がもっとも効果的です。肌にうるおいを与えることで乾燥を防ぎ、肌にハリをもたらし、シワを防ぐことができます。コットンマスクに化粧水をたっぷり含ませて、気になるシワの部分に使用したり、保湿フェイスマスクも効果があります。

紫外線が原因でできてしまうシワ対策としては、紫外線をできるだけ浴びないようにすることがもっとも有効です。そのために日傘、日やけ止め、紫外線を防ぐ効果のある化粧品などを使用することや、体の内側からの紫外線対策として、大豆イソフラボン、ローヤルゼリーなどを摂るようにします。

表情によりできてしまうシワ対策としては、保湿により肌の柔軟性を維持・向上させることと、シワができる原因になりそうな表情をしないように気をつけるということも有効です。

食事、睡眠、ストレス、生活習慣などに留意することもシワ対策の有効な方法であり、シワに対抗するための基本中の基本です。これがあって初めて、さきほとあげたようなシワ対策が有効になるのです。

たるみの原因は、お肌の弾力が低下したこと、皮下脂肪が肥大化したこと、筋肉の質が低下したことという3つの要因が考えられます。

皮膚は、「表皮・真皮・皮下組織」という3つの層に分類することができるのですが、このうちの真皮の内部にあるコラーゲンやエラスチンの質が低下するとお肌の弾力が失われます。コラーゲンは皮膚だけでなく骨にも存在し、タンパク質でできた線維状の物質でお肌のハリを保ちます。エラスチンはコラーゲンをつなぎ、ゴムのようにお肌に弾力を与えます。

皮下脂肪は、年齢とともに代謝機能が衰えていくにつれて肥大化し、その重さで皮膚をたるませます。代謝機能の維持や向上には筋肉が関係していますが、筋肉も加齢とともに量が減るだけでなく、質も低下していきます。

筋肉が皮膚や皮下脂肪を支えることができれば、たるむことはないのですが、筋肉の量や質の低下により皮下脂肪が肥大化し、肥大化した皮下脂肪を支えるための筋肉は量や質が低下しているという負のスパイラルにより、さらにたるみが引き起こされることになるのです。

たるみ対策で有効なのは、まずはたるみの原因となっていることを改善し、取り除くことです。

お肌を乾燥させないようにすること、お肌に紫外線を浴びないようにすること、毎日の生活でストレスを受けることをできるだけ減らすこと、活性酸素が増え過ぎないようにすること、喫煙をやめる(やめられない場合は減らす)こと、睡眠をしっかりととる(十分な時間が確保できない場合は睡眠の質を上げる)こと、食事を意識して必要な栄養をとりバランスも考えること。
まずはこのようなことを毎日実践することが大前提になります。

その上で、保湿フェイスマスクなどでお肌に潤いを与えたり、フェイシャルマッサージやリンパマッサージ、ハンドマッサージ、表情筋を鍛えるエクササイズなどを行ないます。

食事からだけでは十分な栄養が得られないようであれば、サプリメントを利用することもたるみ対策になります。

たるみに効果があるという化粧品を利用する方法もありますし、メイクでたるみを目立たなくするということもできます。

Categories: シミ対策

表皮の基底にあるメラノサイトが刺激を受けることでメラニンが生成され、シミが発生します。メラノサイトというのは、メラニンを作る役割を担っていて、作られたメラニンは貯蔵されずに近隣細胞へとメラニンを送り出すのです。それが皮膚表面に表れます。

シミというのは、身体の防衛機能が働いた結果に生み出されるものです。強い紫外線を浴びたときなどに、ダメージを受けた皮膚を守ろうとして、メラニンが作られてしまいます。しかし、体内に過度の紫外線を取り入れないようにしてDNAが傷ついてしまうことを防いだり、身体にとって有益になるという側面もあります。美容の面では厄介な存在ですが、紫外線防御の大事な役割もあるのです。

生成されたメラニンは、代謝によってどんどん皮膚表面に上がっていき肌に出てきますが、いずれ剥がれ落ちてしまいます。しかし、紫外線などの刺激によってメラニンが過剰に作られてしまうことで、シミとなって肌に残ってしまうのです。

まずはシミができないように日焼け止めを塗ったり、肌の露出を控えたり、帽子や日傘で直接日光を浴びないようすることが大切です。それでも出来てしまったシミには、美白効果のあるスキンケア化粧品を利用して美白ケアをしていくことで、薄くすることも可能です。

メラニンを排出するためには、ターンオーバーを促進させることが大切です。若い頃ですと、紫外線を長時間浴びてメラニンが過剰に生成されたとしても、ターンオーバーのリズムが良く、メラニンも古い角質と一緒に剥がれ落ちていきます。

ですので、シミになるようなメラニンは皮膚に残りません。ですが、加齢とともにターンオーバーが乱れてしまい、排出されないメラニンがどんどん積み重なっていってしまいます。それがいくつものシミとなってしまうのです。

シミを作らないためには、一番の原因となる紫外線対策をすることです。また、不規則な生活やストレスなどでホルモンバランスが崩れてしまってもシミができやすいので、日常生活から気をつける必要があります。ターンオーバーを乱さないように、きちんと栄養を摂取し、規則正しい生活を心がけることも大切です。