backtotop

Categories: シミ対策

表皮の基底にあるメラノサイトが刺激を受けることでメラニンが生成され、シミが発生します。メラノサイトというのは、メラニンを作る役割を担っていて、作られたメラニンは貯蔵されずに近隣細胞へとメラニンを送り出すのです。それが皮膚表面に表れます。

シミというのは、身体の防衛機能が働いた結果に生み出されるものです。強い紫外線を浴びたときなどに、ダメージを受けた皮膚を守ろうとして、メラニンが作られてしまいます。しかし、体内に過度の紫外線を取り入れないようにしてDNAが傷ついてしまうことを防いだり、身体にとって有益になるという側面もあります。美容の面では厄介な存在ですが、紫外線防御の大事な役割もあるのです。

生成されたメラニンは、代謝によってどんどん皮膚表面に上がっていき肌に出てきますが、いずれ剥がれ落ちてしまいます。しかし、紫外線などの刺激によってメラニンが過剰に作られてしまうことで、シミとなって肌に残ってしまうのです。

まずはシミができないように日焼け止めを塗ったり、肌の露出を控えたり、帽子や日傘で直接日光を浴びないようすることが大切です。それでも出来てしまったシミには、美白効果のあるスキンケア化粧品を利用して美白ケアをしていくことで、薄くすることも可能です。

メラニンを排出するためには、ターンオーバーを促進させることが大切です。若い頃ですと、紫外線を長時間浴びてメラニンが過剰に生成されたとしても、ターンオーバーのリズムが良く、メラニンも古い角質と一緒に剥がれ落ちていきます。

ですので、シミになるようなメラニンは皮膚に残りません。ですが、加齢とともにターンオーバーが乱れてしまい、排出されないメラニンがどんどん積み重なっていってしまいます。それがいくつものシミとなってしまうのです。

シミを作らないためには、一番の原因となる紫外線対策をすることです。また、不規則な生活やストレスなどでホルモンバランスが崩れてしまってもシミができやすいので、日常生活から気をつける必要があります。ターンオーバーを乱さないように、きちんと栄養を摂取し、規則正しい生活を心がけることも大切です。


Comments

There are no Comments

Leave a Comment:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>